おしゃれで快適な家造りをしたい!重視するポイントは?

デザインが統一されているおしゃれの家は大抵、外装と内装共に、使用されている色がそこまで多くありません。そのため、統一感のあるデザインになりやすいです。そして、住宅全体のコンセプトも統一してあります。北欧がコンセプトであれば北欧のみという風に、他の要素はまず取り入れられません。中にはデザイナーのこだわ…

Read more

後で後悔しないために!賃貸オフィスを借りる時の注意点

公共交通機関の利便性賃貸オフィスは初期費用を最小限に抑えて起業をする上で有効な選択肢の一つと言えます。需要の増加に伴って様々な場所に点在する賃貸オフィスを選ぶ時の大事なポイントが公共交通機関の利便性です。オフィスに限らず賃貸物件は最寄駅からの所要時間によって月々の家賃が変わる仕組みとなっています。地…

Read more

どんな基準で選ぶ?注文住宅のメーカーの選び方

得意分野と希望が同じかどうか注文住宅を依頼できるハウスメーカーの種類は数多くありますが、そのすべてのメーカーが同じだけの技術を持っているわけではありません。業者によっては、海外輸入品を取り扱うのが得意なこともあれば、キッチン設備に力を入れているメーカー、早く建てることをメリットとしているメーカーなど…

Read more

どうすればコストを抑えることができる?注文住宅のコストダウンのポイント

総面積を少なくして抑える家造りでコストを抑えるためのポイントのひとつは、延床面積を少なくするということです。延床面積とは、住宅のすべての階の床の面積を合計したものです。一般的に、延床面積が少ないほどコストを抑えることができます。シンプルな外観で抑える外観がシンプルであるほど、コストを抑えることができ…

Read more

インターネットには必要?ブロードバンド物件とその誤解

ブロードバンド物件とは何?賃貸物件には、様々な設備が備わっています。設備の種類によって暮らしやすさは大きく変わるでしょう。賃貸物件の設備として、ブロードバンド物件と呼ばれるものがあります。ブロードバンドとは、インターネットの通信環境の種類のひとつであり、安定した環境、定額料金でインターネットを活用す…

Read more

家事動線を意識した間取りにすることの重要性とは

家事動線が長いとどうなるのか?注文住宅は施主が間取りを自由に決められるのが魅力の一つですが、だからといってどのような間取りでも問題がないというわけではありません。暮らしやすい間取りにするには、なるべく家事動線が短くなるようにする必要があるのです。もし家事動線が無駄に長い間取りにしてしまったら、どうな…

Read more

寿命の長い住宅を作るために!湿気に強い注文住宅を目指す

床下の通気を良くする利点カビ臭くなってしまった住宅から引っ越して、快適な暮らしを楽しみたい方々が注文住宅を購入する際には、湿気対策に力を入れることをおすすめします。室内だけでなく床下の湿気対策も意識しなければ、またカビの臭いに悩むことになりかねません。注文住宅なら床下の通気性を高めるのも簡単で、床下…

Read more

注文住宅を建てる際の間取りの決め方とは?

生活動線を踏まえた間取り設計の重要性暮らしやすい家づくりのためには、生活動線を意識した間取りにすることがポイントになります。この生活動線というのは、家の住人が室内をどのように行き来するかを線状にして表したもので、一般的には動線が短くて済む間取りであればあるほど暮らしやすいと考えられています。そのため…

Read more

注文住宅を建てる際の間取りの決め方ポイント

将来図も思い描いて考えよう注文住宅の設計を進めるにあたって、どうしても今現在の状況で考えてしまいがちです。しかしマイホームはこれから先ずっと住み続ける場所であり、ライフスタイルも変わっていきます。間取りについて考える際には、今だけでなく将来のことも頭に入れることが大切です。新婚夫婦であれば、この先子…

Read more

満足が続く注文住宅に!間取りや収納と動線は大切な要素

間取りは大切にしたいポイント注文住宅を考えるうえで、間取りは大切な要素です。間取りというと、家の中の部屋の配置などを考えがちですが、もっと大局的な見方をするようにしたいものです。大事なのは、自分を含めた家族が住みやすいと思えるかどうかです。キッチンなどの水回りは、メインに家事を行っている人の意見を聞…

Read more